壷中園 Blog

マンガとライトノベルの備忘録、壷中園(こちゅうのえん)。 基本は「誉め」。 2009年3月開設。 飽きるまで続けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【文芸】乱暴と待機

乱暴と待機 (ダ・ヴィンチブックス)乱暴と待機 (ダ・ヴィンチブックス)
(2008/02/27)
本谷有希子

商品詳細を見る

演劇台本の小説化作品。映画化も決まっているそうです。

あらすじ


六畳間一間の安普請に、息を潜めて暮らす二人の兄妹。
英則と奈々瀬――彼らに血の繋がりはない。
彼らを繋ぎとめるもの。それは「復讐」。
もう4年、奈々瀬は心待ちにしていた。
英則が、思いつく限りの最も残酷な方法を思いつく日を。

感想 舞台が見える小説


箱が、見える。

見えます。 
せまいボロアパートの舞台が、はっきりと。
いかにも舞台作家の書いた小説です。
限定空間、シチュエーションの提示から始まり、
闖入者の登場がトリガーとなって
状況が二転三転していく。
限られた数の登場人物。
固定された舞台設定。
そして畳み掛けるような終盤の盛り上がり。
見えます。
役者まで見えます。
ボロアパートの屋根裏に這って、
奈々瀬を凝視している英則の姿がありありと見えます。

これでもかって言うくらい、画が浮かぶのです。
その強制力はほとんど暴力的ですらあります。

そして文句なく面白い。
えげつなくグロテスクなうえ、痛々しいのですが、
なぜかグイグイ引っ張られる。

頁を繰る手が止まらない。
さくさく読める一冊です。
  1. 2009/03/11(水) 00:00:00|
  2. 文芸
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

コメント

先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。

トラックバックお待ちしていますね。
  1. 2009/06/05(金) 17:32:05 |
  2. URL |
  3. 藍色 #-
  4. [ 編集]

トラックバックありがとうございます

早速お返しさせていただきました。
これからも藍色さまの記事を楽しみにしています。
  1. 2009/06/05(金) 20:28:50 |
  2. URL |
  3. 福井 #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2010/10/15(金) 00:34:27 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://encho3.blog89.fc2.com/tb.php/8-d4921a7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

乱暴と待機 本谷有希子

装画は鶴巻和哉。装丁は川名潤。 兄・英則と妹・奈々瀬は六畳一間の借家で四年近く同居しています。 実の兄妹でないふたりの繋がりは「復讐...
  1. 2009/06/05(金) 17:31:38 |
  2. 粋な提案

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。