壷中園 Blog

マンガとライトノベルの備忘録、壷中園(こちゅうのえん)。 基本は「誉め」。 2009年3月開設。 飽きるまで続けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【文芸】惜春

惜春 (講談社文庫)惜春 (講談社文庫)
(2006/04/14)
花村 萬月

商品詳細を見る

ライトノベル読みにうってつけ。

あらすじ



歌舞伎町のキャッチバーで働く青年・佐山は、
ヤクザに「肉をたらふく食わせてやる」とそそのかされた挙句、
気がつけば滋賀は雄琴の歓楽街に連れてこられていた。

雄琴。
琵琶湖のほとり、ソープランドの町。
その風俗店のひとつ『城』で、彼はボーイとして働き始める。
二十歳を越えてなお女を知らない佐山は、
一癖も二癖もある姐さんたちに翻弄され、
戸惑い、消耗しながら、ひたむきに職務をこなしていく。

薄汚いタコ部屋でしばしの眠りにつくも
目覚めれば、過酷。 逃げ場のない日々。
しかしその中で、恋を知り、けがれを知り、
青年は少しずつたくましくなっていく。

感想



誤解を恐れずに言えば、この作品は
ライトノベル的なあらすじ
になっているのではないか。
そう感じました。

その理由を以下に。

・(佐山くん、二十歳で未経験の)童貞主人公が、 
・(ソープ街という)異界に迷い込み
・(けがれを嫌悪する)特別な少女と出会って
・(その嬢との)恋に落ち、 
・(店の運営に関与するまでに)成長する。 

いかがでしょう。
赤字だけ追うと、ずばりライトノベルですね。

ライトノベルのオーソドックスな
要件をぴったり満たしているようです。
つまり、中高生が読んだとき
気持ちのいいストーリーになっている。

(逆に言うと、ほとんどのライトノベルは
 赤字で記したわずか5行に集約されるという説も?)
 
だからこそ、この作品からは
性風俗という題材を扱いながらも、
若々しい青春の香りが匂いたちます。

使用済みコンドームを焼きはらう、童貞のはがゆさ。
ライトノベル脳を養う一冊です。

  1. 2009/06/06(土) 00:00:00|
  2. 文芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://encho3.blog89.fc2.com/tb.php/41-041b92ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。