FC2ブログ

壷中園 Blog

マンガとライトノベルの備忘録、壷中園(こちゅうのえん)。 基本は「誉め」。 2009年3月開設。 飽きるまで続けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ラノベ】神のまにまに!~カグツチ様の神芝居~

神のまにまに!―カグツチ様の神芝居 (電撃文庫)神のまにまに!―カグツチ様の神芝居 (電撃文庫)
(2009/04/10)
山口 幸三郎

商品詳細を見る
第15回電撃小説大賞<選考委員奨励賞>受賞作。

あらすじ


八百万の神々そのことごとくが雲隠れした日本で、
商社の営業マン・品部人永の頭上にだけなぜか神様が宿っていた。
小さな女の子の姿をした神様の名は「ヘッポコ様」。
人永が物心ついた頃から、彼の頭の上に乗っかっているのだ。

大好きな酢コンブをしゃぶる以外なにもしないヘッポコだが、
そのマスコット的可愛さが営業トークのツカミにはうってつけ。
おかげで人永の営業成績はトップクラスだ。
一方、無類の女好きである人永にとって、
ナンパの成功率を下げるヘッポコの嫉妬深さは邪魔でもあった。

そんな持ちつ持たれつ(?)な二人のもとに、
政府から「やおよろず神議会」所長を名乗る美人高官がやってきた。
彼女は人永を部下として招き入れ、雲隠れした神様を探し出すのだと言う。
社長はすっかり買収済みで、とんとん拍子に話はすすみ、
人永は否応なく怪しい任務の公務員となってしまった。

かくして西へ東へ走りまわり、神さまの愚痴を聞く仕事が始まる!

感想


舌足らずな幼女声の「あい♪」の脳内再現率は異常。

ヘッポコ様がニコニコと返事するときの
「あい♪」
という声が、ありありと脳内で再生されて困ります。
ヘッポコ様の可愛さの90%はこの返事に集約されていると言っ……たら過言です。それは過言。ほかでも可愛い。ともかく、チビ形態のヘッポコ様の可愛さは只事ではありません。

話としては起承転結を備えたオーソドックスな作りをしており、
大変読みやすいことに好感を持ちました。
クライマックスの泣かせ展開も、確実に涙腺を刺激する出来です。

また、ヒロイン2人がどちらもストレートに好意を表すのが、
ツンデレが隆盛を極める昨今にあってかえって新鮮ですらありました。
デレデレって、やっぱりフツーに良いものですよね。

日本全国の神々をたずねて歩く、神様探訪ラブコメ。
続刊が気になる一冊です。
  1. 2009/04/16(木) 00:00:00|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://encho3.blog89.fc2.com/tb.php/30-29df73e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。