FC2ブログ

壷中園 Blog

マンガとライトノベルの備忘録、壷中園(こちゅうのえん)。 基本は「誉め」。 2009年3月開設。 飽きるまで続けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ラノベ】血吸村へようこそ

血吸村へようこそ (電撃文庫)血吸村へようこそ (電撃文庫)
(2009/03/10)
阿智 太郎

商品詳細を見る

あらすじ


貧乏SF作家を父にもつ少年、直樹。
彼は父の気まぐれ(と経済的な理由)によって
都会から遠く離れた治水村へと引っ越してきた。

そして転校早々、彼の身にふりかかる幸運につぐ幸運!
年下の女の子から手作り弁当でもてなされ、
ボーイッシュで姉貴肌なクラスメイトに親友認定され、
麗しの生徒会長&側近から熱烈なラブコールをうける!

思わぬモテモテぶりに心ときめき、
直樹の中の青少年がむくむくと頭をもたげる!
いったいぜんたい、ど~してモテる!?

その秘密はこの村の名に隠されていた。
治水(ちすい)村……またの名を「血吸村」!?

よりどりみどりの美少女が生き血を求めて飛びかかる!
はたして直樹は無事に人間のままこの村を出られるのか!?

感想


俺っ娘、可愛すぎるっ!!

具体的には智衣ちゃんです。
(表紙右側の褐色肌・ボーイッシュ少女)
運動神経抜群の少女が初めて感じる恋心。
大変良いものですね。
一般的に褐色娘は多数の人気を獲得できない属性な気がしますが
この1巻終了時点では文句なく正ヒロイン化しております。
あっぱれ。

それはともかく、
この作品は会話を中心に構成されていて非常に読みやすいのが特徴です。
しかもお約束展開で確かな安心感があります。
まぁベタと言えばその通りですが、
狙いを外さないラブコメ展開のオンパレードは終始ニヤニヤもの。
閉ざされた村が外界とどう繋がっているの?
牛乳だけで産業は成り立つの?
羨ましい主人公はいつ死ぬの?
んなことは考えるだけ野暮です。
頭をからっぽにしてサクサクっと読むのがイチバン。

かわいい吸血少女満載のオムニバス小説。
続きが早く読みたい一冊です。

  1. 2009/03/17(火) 00:00:00|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://encho3.blog89.fc2.com/tb.php/13-f0fb17a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。