壷中園 Blog

マンガとライトノベルの備忘録、壷中園(こちゅうのえん)。 基本は「誉め」。 2009年3月開設。 飽きるまで続けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【漫画】群青学舎 四巻

群青学舎 四巻 (BEAM COMIX)群青学舎 四巻 (BEAM COMIX)
(2009/02/14)
入江 亜季

商品詳細を見る
「成長」を伸びやかに描く青春短編シリーズ、最終巻。
あのライダーとマージも出てきます。

あらすじ


名作「コダマの谷」の外伝的小編「橋の向こう側」。

いつまでも美しい妻と、その三人の子供たちを
レンズ越しに見つめ続ける写真家のまなざし「虹色」シリーズ。

卒業の日、巣立ちをためらう少女の背中を
力強く押す教師の言葉「本日はお日柄も良く」。

育っていく人間の美しさを
緻密な描写と丁寧な構成で贈る珠玉の短編集。

感想


同じ作者の名作、コダマの谷より
ライダーとマージがゲストキャラとして登場します。
ちびっ子だったマージが大成長!
具体的には身長とか胸とか。
すっかり大人になってます。
その姿を見られて嬉しい反面、
ライダー早く別れろ!! と思わざるを得ずに複雑な心境です。

コダマの谷 王立大学騒乱劇 (ビームコミックス)コダマの谷 王立大学騒乱劇 (ビームコミックス)
(2006/08/31)
入江 亜季

商品詳細を見る
(コダマの谷)

また、七色シリーズとも言うべき
「七色ピクニック」「七色ファミリア」「七色トゥモロー」も
大変すばらしい出来でした。
まるで魔法にかけられたような感覚。
都会へと子供たちを送り出すアースラの姿と、
それを優しく包み込む夫の抱擁。
ぐっと、胸にこみあげるものがあります。

さらに特筆すべきは巻末の描きおろし短編です。
いままでのシリーズを読んできた人なら
思わず拍手を送りたくなるような後日談が用意されています。

ラピスラズリのように青くきらめく物語。
青春への祝福に満ちた一冊です。

  1. 2009/03/14(土) 00:00:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://encho3.blog89.fc2.com/tb.php/11-87ac1402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。