壷中園 Blog

マンガとライトノベルの備忘録、壷中園(こちゅうのえん)。 基本は「誉め」。 2009年3月開設。 飽きるまで続けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ラノベ】されど罪人は竜と踊る4~Soul Bet's Gamblers~

されど罪人は竜と踊る 4 (ガガガ文庫)されど罪人は竜と踊る 4 (ガガガ文庫)
(2008/10/18)
浅井 ラボ

商品詳細を見る

ラルゴンキン&ヤークトーのおじさまチームに乾杯。

あらすじ


恐るべき<古き巨人>の本隊襲来。
モルディーン十二翼将の武力介入。
大投資家ダリオネートの滅亡への執念。
「勇者」の自覚を取り戻しつつあるウォルロット。

そしてジヴーニャはウォルロットを選び、去った。
恋人を奪われ失意に暮れるガユス。
しかし、加熱をやめないエリダナの街は
恋に敗れた攻性咒式士を否応なく当事者に駆り立てる。

最強の勇者にして最大の恋敵に背中を任せ、奔走するガユス。
すべては恋人を、ジヴーニャは取り戻すため……。

感想

覚醒キュラソー(ふんどし)に惚れた。

ともかく見所満載。
まず、えげつなさは超一級品。
ちょっと正気を疑うほどのグロい展開を繰りひろげる
対ゲヒンナム・ム戦の鬼畜さは、これぞ浅井先生という感じです。
(でも無印のアナピヤ編はもっと酷かった記憶も……)
キーワードは「触手」「強制妊娠」「堕胎」。
どんな鬼畜エロゲだよ……。

翼将最下位にして皇国一の苦労人キュラソータソ(くのいち)も
お尻まるだしで超かわいい。スーツ美人→半裸とか実にGJ。

そしてそして、4巻最大の萌えシーンは……まさに、不覚!
なぜかラルゴンキン事務所のおっさんツートップでした。
ダンディなラルゴンキンと、渋いおじいちゃんヤークトー。
彼らの息のあったやりとりに腐女子とか鼻血出すんじゃね?
という我ながら意味不明な感想を抱きました。
結局、謎のままのラルゴンキン超威力咒式ですが、
これに対する演出がまた見事。
<古き巨人>が怯える。
ただそれだけで、いかに規格外な咒式だったかが伝わります。

おまけに。
あの「ツン」の化身ギギナが、瀕死のガユスにむかって
「後衛がいないと困る」的なセリフを吐く「デレ」シーンは
され竜の歴史に残るショッキングな描写でした。

新生「され竜」が到達した新しい回答。
勇者の決断に心震える一冊です。

スポンサーサイト
  1. 2009/04/28(火) 00:00:00|
  2. ガガガ文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。