壷中園 Blog

マンガとライトノベルの備忘録、壷中園(こちゅうのえん)。 基本は「誉め」。 2009年3月開設。 飽きるまで続けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【文芸】秋期限定栗きんとん事件(上)(下)

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
(2009/02)
米澤 穂信

商品詳細を見る
秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
(2009/03/05)
米澤 穂信

商品詳細を見る

「小市民」シリーズ第3弾。
上下巻を一気に読むことを激しく推奨します。

あらすじ


あの夏期限定トロピカルパフェ事件の終幕とともに
「小市民」小鳩くんと小佐内さんの互恵関係も終わった。
それぞれに新しい恋人ができ、受験も近づいている。
小市民への道は平和に、そして別々に進むのだ。

しかし、彼らの内に潜む狐と狼は――眠ってはくれない。
親友・健吾が束ねる新聞部での些細ないざこざと、
町を脅かす連続放火事件とが関連を見せたとき、
小鳩くんと小佐内さんは、まったく違う地点で「暗躍」を始める。

賢しげに苦笑する自称「小市民」小鳩少年と、
砂糖菓子の虜にして、小動物の皮を被った狼、小佐内ゆき。
二人はあくまで小市民として暮らしたいと願いながら、
それでも推理をやめられない!

感想


前作、夏期限定トロピカルパフェ事件の続編です。

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)
(2006/04/11)
米澤 穂信

商品詳細を見る
(夏期限定トロピカルパフェ事件)

未読の方のために詳細は伏せますが、
前作の結末の生殺し感は、相当なものでした。
こんなすごいところで、以下続刊とは……! と、作者の正気を疑ったものです。
さらに罪深いことに、秋期は長い間刊行されませんでした。

そして、待ちに待った新しい季節の新作スイーツ。
それが本作、栗きんとん事件です。
肝心のお味は?
前巻比30%増しの糖分高めラブストーリー風味……のいままで通りです。
要するに、相変わらずの「小市民」もどきたちの悪あがき。
才能も好奇心も、小市民たるべしという信念のもとに隠蔽しようと努めますが、
「推理の快楽」あるいは「復讐の甘味」が小市民の星をまたも遠ざけます。

さて、前2作に引き続き、小佐内さんの魅力が際立っています。
人畜無害を絵に描いたような人物が、ときおり見せる魔性の表情。
甘いお菓子か、復讐の成就のみによってもたらされる、極上の笑顔。
こうした描写の積み重ねによって、本作はキャラクター小説として完成しています。
なにしろ、小佐内さんの言動から片時も目が離せません。
否、より正しくは、目を離してはいけないのです。
なぜなら、小佐内さんはとっても危険だから。
小佐内さんは小さくて、もろく壊れやすそうです。
はかなげな、という意味での「危うさ」があります。
一方、ちょっとでも目を離したその隙に嬉々として誰かを滅ぼしかねない、
そんな純然たる「危うさ」を隠していることは、小鳩くん(と読者)だけは知っています。つまり二つの「危うさ」を併せもつアブナイ女の子なのです。
したがって、自然、読者の注意は小佐内さんに集中します。
作品の顔=ヒロインに釘付け……それはキャラクター小説的成功に他なりません。

頭の回転が早い、ということの格好良さ。
ずっと読みたかった待望の一冊です。

スポンサーサイト
  1. 2009/03/29(日) 00:00:00|
  2. 文芸
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。