FC2ブログ

壷中園 Blog

マンガとライトノベルの備忘録、壷中園(こちゅうのえん)。 基本は「誉め」。 2009年3月開設。 飽きるまで続けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ラノベ】無限のリンケージ-デュアルナイト-

無限のリンケージ ―デュアルナイト― (GA文庫)無限のリンケージ ―デュアルナイト― (GA文庫)
(2009/05/15)
あわむら 赤光

商品詳細を見る

あらすじ


BTR。
それは多くの人々が熱中する宇宙時代の格闘競技。
高い危険性と引き換えに、勝者に富を約束するスポーツだ。

そんなBTRチームのひとつ「ナロート」が抱える
ただ一人のBTR選手、ロバート・キーガン。
彼は前時代的な赤銅色の鎧を身につけ、
古くさい近接戦闘スタイルを愚直につらぬく男だ。
正々堂々という言葉を絵に描いたようなロバートは、
その英雄的姿勢とそれにふさわしい十分な戦績で
BTRというショービジネス業界にファンを増やしていった。

ナロートの優秀なメカニカルスタッフの少女・サクヤもまた、
勇者のごときロバートの振る舞いに魅了された一人だ。
公私の垣根をこえてロバートに近づくサクヤは、
しかし、ロバートの笑顔の裏に深い闇があることを知る。

その苦悩の全貌を打ち明けられたとき、
天才少女サクヤは愛するロバートのために
恐るべき「共犯者」となった。

感想


サクヤさんに、色々な意味でドキドキしました。
従来のヒロイン像にあてはまらない、
犯罪ロリ子の誕生です。

シャレや冗談ではなく、
こいつぁ、やばい。

その肩に背負う、惑星の総人口。
倫理観を超越した愛と報復の一冊です。

スポンサーサイト
  1. 2009/06/08(月) 00:00:00|
  2. GA文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ラノベ】純愛を探せ!

純愛を探せ! (GA文庫)純愛を探せ! (GA文庫)
(2009/05/15)
速水秋水

商品詳細を見る

赤面必至、声高に愛!

あらすじ


姦淫と虚言をつかさどる魔神・カルマ。
魔界屈指の実力者である彼が、
齢5憶3千万歳にして
はじめて真実の愛に目覚めた。

お相手は、こともあろうに
人間界のかよわい少女・カナデちゃん。
魔界全土の美人麗人をふりきって、
たった一人の心を射止めるための
魔神らしからぬ東奔西走・四苦八苦!

やがてカルマとカナデの恋は
魔界と天界を巻き込みつつ、
(ついでに人類の存亡まで賭けて)
結婚前提ラブバトルへと発展する!!

感想


リビエラがいればそれでいい。

この作品は
女キャラの配置に隙がありません。

・生徒会長お嬢様、カナデ。
・クール&ボケ側近、リビエラ。
・ツンデレ天使、キサラ。
・地獄ヤンデレ姫、レイナ。

うん、あざとい! 大歓迎!!
流行りをおさえた素晴らしい布陣です。

とりわけ、魔玩具人形リビエラの造形は秀逸でした。
長門を彷彿とさせる「低体温」系でありながら、
ボケ・ツッコミへの対応も見事にこなします。
そのうえ、エッチな話題を積極的にふるなど、
ころね(いちばんうしろの大魔王)のような特性も
魅力的に反映されているようです。

いちばんうしろの大魔王 ACT.3 (HJ文庫)いちばんうしろの大魔王 ACT.3 (HJ文庫)
(2008/09/01)
水城正太郎

商品詳細を見る
(いちばんうしろの大魔王)

舌まで噛みちぎる、病んだくちづけ。
GA文庫大賞『奨励賞』を受賞した一冊です。

  1. 2009/06/07(日) 00:00:00|
  2. GA文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ラノベ】這いよれ! ニャル子さん

這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)
(2009/04/15)
逢空 万太

商品詳細を見る

GA文庫が開拓した新ジャンル『ラヴコメ』。
やっとこさ、読みました。

あらすじ


深夜。
平凡な男子高校生である八坂真尋に
得体の知れない怪物が忍び寄る。
あわや捕獲!というその瞬間、
真尋は救助を求めて暗闇に叫んだ。
誰か!俺を助けて!誰か!
はたして、呼び声に応じて現れたのは……。

「は~い、いつもニコニコ
 あなたの隣に這い寄る混沌
 ニャルラトホテプです」

そんな場違いなキャッチフレーズとともに
ぽっかり出現した銀髪の美少女は
シンプルかつグロテスクな方法(撲殺)で怪物を葬り、
以降、真尋を保護していくと告げる。

かくして、真尋と「這い寄る混沌」ことニャル子との
正気度(Sanity)を削るような共同生活が始まるのだった。

感想



SAN値直葬★

パロディや引用のオンパレードなのですが
正直、元ネタがだいぶ分かりませんでした。
おそらく、読者のほとんどが同様ではないかと。
なにしろ公式サイトの編集長コメントで
「全部は分かりませんでした」とか書いてあるし。
つまり、ニャル子さん何言ってるか分かんね。

クトゥルフの呼び声クトゥルフの呼び声
(1993/05)
サンディ ピーターセンリン ウィリス

商品詳細を見る

(クトゥルフの呼び声)

しかし。
本作品において、それは是とされます。
なぜなら、
ニャル子さんは混沌なのですから。
そもそもクトゥルフの神格とは
「人間の理解の外」に位置するものです。
ゆえに、理解不能、上等。
このカオスっぷりこそ、設定に忠実と言えましょう。

もちろん、
分からなくても分からないなりに、
しっかり笑えるレベルで面白い。
そのバランス感覚とギャグセンスは
ちょっと新人離れしている水準です。

ラヴクラフト・コメディ、略してラヴコメ。
GA文庫の「名状しがたき」一冊です。

  1. 2009/06/05(金) 00:00:00|
  2. GA文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ラノベ】オルキヌス 稲朽深弦の調停生活

オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 (GA文庫)オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 (GA文庫)
(2009/04/15)
鳥羽 徹

商品詳細を見る
GA文庫大賞、前期奨励賞受賞作品だそうです。

あらすじ


土蜘蛛、ハーピー、人魚、ケンタウロス。
そうした幻想の住人たちをこの世界では「オルカ」と呼ぶ。

そんなオルカが棲む島・オルキヌスに、
新人調停員・稲朽深弦はやってきた。
調停員。
それはオルカ同士のトラブルを解決に導く交渉を生業とし、
頭脳と言葉だけを携えた人間の代表者である。

失踪した前任調停員の穴埋め要員として、
深弦は今日もオルキヌスを駆け巡る!

感想


装丁からうける「ほのぼの系」のイメージを裏切る
漫才のようなボケとツッコミの応酬に驚きました。
バカバカしい会話はクスリときます。
漫才っぽいのでテンポも良いです。

レーベル創設以来、初の賞タイトル。
GA文庫の行く末を担う一冊です。

  1. 2009/04/17(金) 00:00:00|
  2. GA文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。